<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KHXJQ7F&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

スタートアップの方へ

同じスタートアップ目線の
Crewwだから、安心の
アクセラレータープログラム

エントリーする

Requirementアクセラレータープログラム挑戦には何が必要?

採択につなげるために
最も大切な要素は、
明確なビジョンを持っていること

これまでアクセラレータープログラムで採択される確率が高かったスタートアップの特徴は、まず何よりも、ビジョンが明確であること。
ビジョンが代表の思いと結びついており、「なぜあなたがそれをやるのか」が明確だと企業側の担当者に刺さる可能性が高いです。

他にアクセラレーター参加に必要なものは?

プロダクトの構想

できていたほうが採択されやすいですが、マストではありません。

サービス

プロトタイプはあったほうが有利です。

事業シナジー

募集コンセプトによりますが、既存事業領域とは全く違う事業の創出を求める場合には、事業シナジーが想像できないようなものが求められます。むしろ事業シナジーは既存事業の延長になってしまい、新規事業創出とは遠くなってしまう場合もあります。現状で事業シナジーはなくても、イノベーションを起こすアイディアで挑戦してみてください。

技術

「技術だけはある」「お悩みを解決します」というスタンスでは、ビジネスの受発注になってしまうため、アクセラレータープログラムには向きません。

Voices過去に採択されたスタートアップの体験談

株式会社Mealthy
[メルシー]

代表取締役 鈴木勝之様

DATA

採択プログラム

八神製作所アクセラレーター2019

最初のエントリー時の会社規模

1人

最初のエントリー時の創業年数

1年

プロダクト

すでに完成

最初の応募はいつでしたか?そのきっかけと結果は?

創業から1年ほどの2015年、当時はまだ自分一人だけでしたが、Crewwのアサヒアクセラレーターに応募し最終プレゼンまで進みました。当初はBtoCの食をテーマにサービスを展開しており、アサヒは食品系だったので、採択されて出資につながればいいなと考え、応募したのがきっかけです。

最初の応募の後もプログラムへの応募はされていましたか?

その後も事業の方向性が変わるにつれ、応募する企業も変わっていきました。2016年からビジネスモデルの方向転換をおこない、BtoBの予防医療の分野へシフト。これからこの分野を広めるにはスタートアップの力だけでは限界があるため、大企業の力を借りたいと思い、八神製作所アクセラレーターへ応募し、採択されました。

Crewwのアクセラレータープログラムを何度か経験されて、特徴はありましたか?

Crewwのアクセラレータープログラムでは「自分たちはこの方向に行きたいと思っていますが、一緒にできますか?」というCrewwのスタンスでできていると感じます。

アクセラレータープログラムに対するスタンスと、アドバイスがあれば教えてください。

新規事業というのは、こんな未来が描けるというものが、事業会社も自分たちも見たことのない未来なため、それが相手の会社に納得感をもって刺さるかどうかの縁でしかないと考えています。不採択になったからといって自分たちが悪いとは考えてはいません。特にCrewwのプログラムはプレゼンといってもピッチのようなもので、パワーもそれほどかからないので、気軽にどんどんチャレンジしていけばいいんじゃないかと思います。

規模や創業年数に関わらず、
あなたのアイディア次第で
チャンスがあります

creww accele サービスサイトへ

5 Reasons to ChooseスタートアップがCrewwのプログラムに参加する5つの理由

事業会社と対等な立場での
共創ができます

Crewwはプログラム準備期間で、事業会社のマインドセットに力を入れています。事業会社側をスタートアップのマインドへ近づけることで、スタートアップが事業会社の言いなりになることなく、スピード感を持って共創ができる環境を整えています。

120社以上の開催ノウハウによる
高い採択率*

Crewwが過去開催したほぼすべてのアクセラレータープログラムで複数の採択(新規事業のタネ)が生まれました。
その理由は、これまで何度も新規事業創出の場に立ち会ってきたCrewwが、事業化の道筋をファシリテートし、プレゼンのときにはすでに現実的なビジネスプランへと落とし込めているからです。

*書類選考を経て、一次選考、プレゼンまで進み、現実的なスケジュール感を持って実証実験に進めるかどうか判断されることを採択と言います。

短いプログラム期間内で
確実に事業化のタネへ

Crewwは事業会社側の準備期間において、新しい挑戦・新規事業創出への企業トップのコミットメントを固め、「とりあえず採択しておく」「検討する」で終わる状況にはさせません。
短期間のプログラムなため負担も少なく、さらにその期間内に確実に事業化のタネにまでもっていけるのがCrewwのアクセラレータープログラムです。

熱意のある担当者とだから、
受発注の関係では成し得ない
アイディアが生まれます

Crewwではプログラムの準備期間で、事業会社側の組織体制や土台づくりをおこないます。そこで担当者が、熱意を持ち、自分ごととして取り組める下地をつくります。

スタートアップとアイディアを
守ります

全く違う企業文化を持つもの同士、コミュニケーションミスは当然起こり得ます。スタートアップ側からは伝えにくいことなど、両者の間にCrewwが入り、問題があった場合にはサポートします。
また、Crewwの契約上スタートアップのアイディアは守られています。もし採択されなかった場合でも、自分たちのアイディアだけが使われてしまうことはありません。

相性の良い業界や企業の
アクセラレータープログラムを
探してみましょう

creww accele で始めましょう